今度の週末はどこに行く?

岐阜県を中心に週末のおでかけ先を紹介していきます。

[Login]   

« [伊坂ダムサイクルパークへおでかけ。] [二日町延年の森公園へおでかけ。] »


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[編集]

trackback --  /  comment --

page top△

海ほおずきへおでかけ。 

今回は三重県志摩市にある施設「海ほおずき」。

ここ最近度々訪れる志摩市。
もちろん海釣り目的なのですが、(^_^;)
その時気になっていた「海ほおずき」の看板。

今回は目的の海釣りが台風接近で
満足に出来なかったため、
目的を変更して立ち寄ってみましょう。

umihoozuki01.jpg





荒れる海を遠くに見ながら
早々に納竿し浜島漁港を後にします。

そこから目と鼻の先、
「海ほおずき」。
いずれも有料ですが、
4つの施設があります。

予約制のランチバイキングの「ふるさと味番屋」。
手作り体験ができる「無限亭」。
干物造り体験ができる「ひもの創房」。

そしてこどもたちが遊べる
「わんぱく磯」。

人工的な浅磯に魚が放されていて
魚に触ったり、捕まえたりすることが
できます。(・∀・)イイ!!

umihoozuki02.jpg

手前側の水深40cm程の浅瀬には
ヒトデやグレ等の小魚が泳ぎ、

umihoozuki07.jpg

奥側にある水深60cmの場所には

umihoozuki06.jpg

ハマチ、マダイ、カワハギ等の
大型魚が泳ぎます。Σ(゚Д゚)

umihoozuki05.jpg

ただ、
泳ぎまわる魚たちを
手づかみで捕まえることは

難易度:☆☆☆☆☆
(;´∀`)

100円でタモを借りれますが、

umihoozuki03.jpg

手のひらサイズのタモなので
コレで捕まえるのも

難易度:☆☆☆☆☆

とは言っても、
こはるんもひなたんも必死で魚を
追いかけてそれはそれで
楽しんでいました。

深場にはタコ等のレアキャラもいるようです。
見つけることはできませんでしたが・・。(^_^;)

休憩場には足湯などもありましたが、

umihoozuki12.jpg

大人はほぼ付き添いの見守りになるので
わんぱく磯の入場料700円(小学生以上)は
ちょっと割高かもしれません。
(-_-;)


さて、
ここまで来たのでもう1ヶ所。
こちらも有料施設ですが、
浜島町から車で40分程。
「真珠の里」。

umihoozuki08.jpg

真珠の養殖施設で
1回1000円で
真珠の取り出し体験ができます。

umihoozuki10.jpg

取り出した真珠は追加料金で
携帯ストラップやネックレス等の
アクセサリーとして加工もできますよ。

運次第でお値段以上の真珠も
ゲットできるようです。(・∀・)イイ!!

umihoozuki13.jpg

真珠を取り出したアコヤガイの身は
いけすの魚にあげたり、

umihoozuki11.jpg

貝柱を食べてみたりと
なかなか楽しめました。

何より

ままが満足していたので
良しとしておきましょう。
(;´∀`)


評価(5段階)

遊具の充実度  
遊具のきれいさ 
週末混雑度   ☆☆☆☆
広場の大きさ  


遊具:ありません。
施設:わんぱく磯、ふるさと味番屋、無限亭、ひもの創房、トイレ、駐車場等
『わんぱく磯』
入場料:小学生以上700円、3才以上200円
受付時間:9:30~16:00
休館日:毎週火曜日、11月1日~翌年3月31日
その他施設の利用料金は公式HPをご確認ください。

海ほおずき(うみほおずき)
住所: 三重県志摩市浜島町465-14




真珠の里(しんじゅのさと)
住所: 三重県志摩市志摩町越賀1125-88



※情報等に間違いがある場合はご指摘頂けるとうれしいです。
※評価はブログ更新日近辺の週末です。


関連記事
スポンサーサイト
タグ: 有料施設  飲食店あり  売店あり  水遊び 

[編集]

trackback --  /  comment --

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。